いつからオリックスが優勝すると錯覚していた?( ̄▽ ̄)

大阪近鉄バファローズ以来のオリックスファンが綴るブログ。
オリックスバファローズになってから一回も優勝していないので、ブログを通じファンとしての喜怒哀楽を垂れ流しにしております( ´艸`)
同じオリックスファンも、この際だからオリックスファンになろうとかいう希少種の方も歓迎いたしますよ!
あああ優勝が見たいなぁ

「黒木は責められない」第41回

5-6・・・・・
Tが4安打5打点。
ロメロも4安打。
吉田正も2安打。
中軸の豪打に乗せられたオリックスは首位・ソフトバンクへ果敢に立ち向かった。


登板した金子はエースの意地を見せることなく無残にも5失点。
マウンドをおりるその背に、往年の姿を感じる事は無かった。


それでも浪速の豪砲は咆哮を止めない。


金子の背信を無にするような5打点。
その姿を見れただけでも、ファンとしては嬉しい限り・・・・・・
手に汗握る鍔迫り合いは、5-5のまま延長11回。
登板するは若き中継ぎエース・黒木。


一年目にもかかわらずチームを要所で救ってくれた期待の若手。
鍛え抜かれた右腕から放たれる剛速球をもってソフトバンク打線に勝負を挑んでくれた。


結果はソフトバンクが誇るお祭り男・松田に決勝タイムリーを打たれ、これが決勝点。
11回裏の攻撃もサファテの前に沈黙。
この日楽天が勝利したので、3位とのゲーム差は開き12。流石に厳しいか。


それでも、今日の激戦は2014年・オリックスVSソフトバンク首位決戦を彷彿とさせる ものがあった。今日からの試合にかける意気込みも伝わってきた。


結果として決勝打を打たれた黒木にかける言葉は一言。
「ここまでチームを救ってきた黒木を責めるファンはきっといないと思います。
 今日はゆっくり休んでください(^^)」



観覧いただきありがとうございました。
下のボタンをクリックしていただけたらとても嬉しいです('ω')









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。